東京東信用金庫 江東中央支店新築工事

設計・監理

岡建工事株式会社

一級建築士事務所

(加藤孝・梅津朋幸)

施工担当者

小幡慶徳・鈴木基朗

杉山英一・川島宏美

構造鉄骨造3階建
所在地東京都

設計担当者コメント

この建物は、清洲橋通りという大通りに面し、近くには小学校や商店街があり大変賑わう地域に建つ信用金庫で、この地区最大規模の支店です。

この地域で長く親しまれてきた既存建物を解体し、新しく建てた建物の外観正面は、白いアルミパネルのフレーム形状とし以前の建物の面影を残すことで、施主様の地域の方々への変わらない思いを表現しました。

南側に設けたカーテンウォールから心地よい自然光を取り込む事により、店内が明るく開放感のある計画となっています。メインアプローチから店内ロビーまでを段差のない床とし、点字鋲・多機能トイレの設置をすることで、高齢者や障害者への配慮をしました。ひがしんカラーの青を使用したロビーの椅子は、白い壁紙とのコントラストにより鮮やかな店内空間を演出しています。地域の方々が親しめる建物が出来たのではないかと感じました。   

設計担当 梅津朋幸  

施工担当者コメント

江東区の人気スポットとして有名な砂町銀座商店街の近く、東京東信用金庫江東中央支店がエコ店舗としてリニューアルしました。屋上にはソーラー発電パネルを設置し電力の供給を行います。トイレ利用水、緑地散水用の水は雨水を建物内のピットに貯留し利用するシステムになっています。

内装材は環境に配慮した商品を使用し、地球にとてもやさしい建物になっております。又、災害時には近隣住民の方々が避難できるよう、会議室を開放し、自家発電装置による発電で最大約3日間電気が使用可能となります。外装の南側及び西側の一部はカーテンウォールとなっており、自然の光をふんだんに取り入れられるようになっています。1Fのホールは水辺をイメージしたデザインで、地域の方々が気軽に訪れられる、そんなお店の雰囲気と同調した作りになっていると思います。

施工担当 杉山英一